自分の手で捺印

印鑑イメージ

もしも、印鑑がなくなったらと考えたことはありますか?
最近、印鑑を使っている国はあまりないと知ってとても驚きました。
そして同時に、もし、日本から印鑑の制度がなくなってしまたらどうなるのだろう?と考えました。
最初から印鑑を使う習慣がなければ、もちろん、印鑑がない生活が当たり前なのでしょうが、実際に今使っている物がなくなると思うとなんだか不思議な感じがします。
海外では、サインが印鑑の代わりのようなものだと思うのですが、日本の印鑑登録のように、サイン登録みたいなものがあるのでしょうか?気になります。

印鑑は捺印することで、本人が見て、了解しました。と言う意味があると思うのですが、それ以上に精神的にも大きな役割を果たしているのではないか?と私は思います。
家や車を購入する時など大切な場面で使うことが多い実印は、持ち歩くだけでも緊張してしまいますし、実際使う時は、例えば「これから自分は家を購入する。」のように、改めて考え、自分の中で覚悟を決める役割もあるような気がします。
私の中で印鑑を捺印するという事は、自分に責任を持つことだと思っています。
最近は、印鑑もデジタル化し、電子印鑑などが存在しますが、簡単に捺印出来てしまうことは果たして良い事と言えるのでしょうか?

確かに、便利ではあると思いますが、朱肉をつけて自分の手で捺印することに意味があるのだと私は思います。
会社などで大量に捺印しなければならない場合などに使うのは良いと思いますが、公的な文書など重要な書類は、やはり自分の手で捺印したいです。

ページの先頭へ